日帰り白内障手術

白内障とは

眼の中にピントを調節するレンズがあり、そのレンズが濁ってしまう状態が白内障です。

白内障の症状

・夜間運転時のまぶしさ、日差しのまぶしさ

・物が二重、三重に見える

・眼鏡を装用しても、見えづらい

 

正常の眼球            白内障の場合

治療:超音波乳化吸引術

現在、白内障に対する主流の手術です。切開(切り口)が小さく、手術、および手術後の負担が少ない治療方法です。

手術治療費

眼内レンズ

 濁ったレンズ(白内障)を取り除いた後に、代わりのレンズ(眼内レンズ)を挿入します。レンズは眼鏡と同じように度数があり、眼の形状を測定、計算をし、希望される手術後の見え方に合う目標屈折(正視、近視など)に合わせて、挿入する眼内レンズ度数を決定します。  

眼内レンズの種類

 1 単焦点眼内レンズ:多少の幅はありますが、基本的には遠く、あるいは近くのどちらかに術後のピントを合わせるレンズ。ピントを自由に合わせることはできませんので、見えづらい場合に眼鏡装用が必要となります。

 

 2 多焦点眼内レンズ:遠近両用眼鏡のように一枚のレンズに遠く、近くの両方のレンズが組み込まれているレンズ。ピントが合う幅が広がります(眼鏡装用がゼロではありませんが、頻度が少なくなります)。ただ、夜間の見えづらさなどが生じることがあります。

➔ 現在準備中です

 

 3 乱視矯正眼内レンズ:元々の眼のレンズの一部(角膜)に強い乱視ある場合、眼内で乱視を軽減させるレンズ。乱視が特に強い場合、不規則な場合は適応できない場合があります。また手術前にある乱視が、白内障を取り除くことで軽減される場合も多く、全ての乱視に適応される訳ではありません。

眼内レンズ選び

 日頃の眼の使い方(自動車運転の頻度、趣味での眼の使い方など)を確認させていただき、手術後に快適に過ごせるように適切な眼内レンズを選択します。

手術の流れ

初診時

初診時に白内障の検査を行います。診断後に手術日を決定します。
●初診:視力検査、眼圧測定、細隙灯顕微鏡検査、眼底検査
●手術のための検査:採血、鼻涙管通水検査など

手術前

手術までに2度、来院していただきます。
白内障摘出後に挿入する人工レンズ(眼内レンズ)の度数決定のための検査
●眼軸測定(眼の長さの測定)、角膜屈曲(眼の表面のカーブの測定)、角膜内皮細胞検査
●手術に関する説明を行います。
1. 手術説明
2. 手術当日、手術後の注意点、生活指導
3. 手術当日にご自宅にてさしていただく点眼の説明

手術当日

浦野整形外科で手術を行います。
●手術
1. お知らせした時間に浦野整形外科にお越しいただきます。
2. 点眼麻酔を行います。(追加でテノン嚢下麻酔を行う場合もございます。)
3. 超音波乳化吸引術を使い、白内障部分を除去します。
4. 眼内レンズを挿入します。

*手術時間:15分前後

*手術当日は手術した眼をガーゼ、眼帯にて保護します。

 

手術後

手術後の診察
●手術後1日:合併症の有無、人工レンズの状態を診察で確認します。
※手術後一週間は眼を保護するために透明保護眼鏡(メオガード)を装用します。(ガーゼ、眼帯保護は手術日当日のみです)
●手術後2日:視力測定、診察
●その後の診察:手術後1週間、2週間、1ヶ月、2ヶ月

手術方法

1 麻酔

局所麻酔にて行います。
※麻酔は、点眼のみの場合、あるいは追加の麻酔(テノン嚢下麻酔)を行う場合がございます。
痛みはほとんどありませんので安心して手術に備えていただけます。

2 切開 
眼球に入口(創)を作成します。
※当院では2.4~2.75mmの小さい切開で手術を行います。
特殊な方法で作成していますので、縫合(縫う)の必要がなく、術後の医原性乱視を軽減させることにより術後の見えを重視しています。

3 白内障の除去
棒状の器具を挿入後、超音波手術装置を使用し、白内障部分(濁った水晶体)を溶かして、吸引し、除去します。

4 眼内レンズ挿入
白内障の袋を残して、人工レンズ(眼内レンズ)を挿入します。