よくある症状

● しょぼしょぼ、シュパシュパ

眼の表面が乾燥している状態です(ドライアイ)。症状が強い場合は涙の成分の点眼、涙層を安定させる点眼などに夜治療が功を奏します。

 

● ゴロゴロ

まぶたの裏に異物が入ったような症状で、“痛み”として感じることもあります。

実際にまぶたの裏に睫毛などの異物が挟まっていることもありますが、アレルギー性結膜炎、眼の表面の傷が原因であることもあります。

 

● かゆみ

眼のかゆみ、まぶたの縁のかゆみなど。

結膜炎、まぶたの炎症(眼瞼縁炎)であることもあります。

 

● 眼が赤くなった。

出血(結膜下出血)、結膜炎であることが多いです。

ぶどう膜炎という茶目(虹彩)の炎症であることもあります。

 

● 目やに(眼脂)が多い

結膜炎の症状として一般的に知られていますが、涙の通り道(鼻涙菅)の閉塞、感染、眼の周りの感染(眼窩蜂窩織炎)などでみられます。

 

● まぶたの腫れ

ものもらいや結膜炎で腫れることがあります。

 

● 涙が多い

涙は涙腺より分泌され、まぶたの縁に一旦たまり、その後に目頭にある鼻涙菅(涙の通る菅)を通って、鼻へ流れていきます。涙の分泌が多い状態、あるいは涙の鼻涙菅への排出が悪くなると、縁にたまる涙が増え、”涙が多い”症状が起こります。涙が増えると、うるうるしたり、目尻、目頭がただれることがあります。原因を調べて、状態にあった治療が必要となります。

 

● ゴミのようなものがみえる

問題がないことが多いですが、ぶどう膜炎、眼の中の出血(硝子体出血)、網膜剥離の全長の場合があり、眼底検査が必要となります。

 

● かすむ

近視、遠視、乱視などの眼鏡装用、眼鏡調整でかすみが改善することがあります。白内障などの疾患が隠れていることがあります。視力検査、眼底検査をお勧めします。

 

● まぶしい

白内障、ぶどう膜炎が原因となることがあります。

また眼の表面(角膜)の傷によりまぶしさを自覚することがあり、小児では逆まつげ(睫毛内反)が傷の原因となることがあります。

 

● 二重にみえる、ダブってみえる

片方の眼でみている時に二重にみえるが、両方の眼でみている時に二重にみえるかにより原因が異なります。片眼の場合は乱視による症状であり、白内障が原因となることがあります。

両眼の場合は斜視、眼の動きが悪くなること(眼球運動障害)が原因となります。

 

● 急にみえなくなった

眼の組織のいろいろな部分の障害で生じる症状ですが、突然にみえなくなった場合は、眼の奥の組織での障害を疑います。

視神経の血流の障害、あるいは炎症(視神経症)、網膜の出血(加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症など)

 

● 歪んでみえる

網膜の一部である黄斑部の異常で生じます。

黄斑変性、黄斑部に膜ができて、網膜がシワとなる黄斑前膜などが疑われます。